千葉県の火葬場併設の葬儀場のメリットは?

千葉で葬儀場を探すときでも、火葬場併設の斎場を選ぶか駅近を選択するかと迷うことがあります。

当家では併設型を選びました。

理由をお話しします。

■時間も短縮できて費用も節約できる。

千葉にある長南聖苑は、火葬場が敷地内にある葬儀場です。

メリットは通夜から告別式、火葬までのすべてが1カ所で済むこと。

それに、その分の費用が軽減されることです。

火葬場が葬儀場にない場合は、マイクロバスなどで火葬場に移動するため、その分の費用がかさむことや参拝いただいた方々に余分なご足労をかけることなどが気がかりです。

また移動して帰ってきてという時間のロスも生まれます。

■一カ所で済めば参列者のご足労がなくなる。

当家も千葉が地元です。

葬儀のとき、火葬場が併設されているところがいいか、それとも駅近がいいかと迷った経緯があります。

取捨選択で思案されるのはわかりますが、たとえば長南聖苑は駅からタクシーでも、一度葬儀場に着いてしまえば、あとはその場所で終えられるという気軽さがあります。

会葬いただく方には車代を負担いただくことになりますが、それを除けば余計な気遣いをさせることもなく、式もスムーズに進行できます。

そのような考え方から、当家では2次交通が必要でも長南聖苑がいいという結論を出しました。

■3ルート4駅が利用可能で、千葉県外から来られる方の足回りとしてはかえって便利。

駅近より火葬場併設型の葬儀場をおすすめします。

長南聖苑の住所は千葉県長生郡長南町報恩寺です。

正直に言ってしまえば、千葉県外から来られる方々には聞いたこともないような住所で不安もあるでしょう。

しかし、最寄駅は、小湊鉄道上総鶴舞駅、JR外房線の茂原駅のほか、いすみ鉄道の大多喜駅、同線の城見ヶ丘駅が使え、千葉県外からの足回りとしては返って便利です。

私の個人的な感覚としては、駅近よりも火葬場併設の葬儀場の方が良いと考えます。